洗濯乾燥機で油分が付着した衣類はなぜ危険なの?発火を防ぐ注意点とは?

引用元:いらすとや

数年前から、洗濯乾燥機で発火する火災が多数報告されています。さらに、乾燥機使用後に放置していた洗濯物から発火したという報告もあるのです。

発火の主な原因は、油分が付着した衣類です。
今回は、油分が付着した衣類が発火してしまう原因や予防策をご紹介いたします。
洗濯物の乾燥に乾燥機をご使用の方は、ぜひこれを読んで乾燥機で発火した火災が起こらないように注意してくださいね。

洗濯乾燥機で発火してしまう理由は?

発火の原因は、衣類に付着した油分が空気中の酸素と結合して、酸化熱を発生すことです。 衣類の線維の細かい隙間に油分が染み込んでしまうと、洗濯機で洗うだけでは簡単には油分は洗い落とせません。洗い落とことができなかった油分が付着した衣類を乾燥機で乾燥させると、油分が乾燥機の熱で酸化されてしまいます。衣類が酸化されたからといってすぐに発火するほど大きな発熱をするわけではありませんが、熱が放熱されないと酸化反応が促進し温度が上昇して発火してしまうのです。

そのため、油分の付着した衣類を乾燥機に入れてもすぐに発火するのではなく、しばらくたってから発火します。乾燥させた衣類を長時間乾燥機内に放置したり、乾燥機から取り出した衣類を熱が放熱しにくい状態で、長時間放置したりすると発火することがあります。発火したときに誰もいない状況もあり得るので、大きな火災になる可能性があり非常に危険です。

スポンサーリンク

注意しなければいけない油分は?

・食用油
・動物油
・アロマオイル・ボディオイルなどの美容オイル
・機械油
・ガソリン
・ベンジン・シンナー
・樹脂  など

 

スポンサーリンク

発火を防止するには?

長時間放置しなくても酸化熱で発火する可能性があるので、発火を防止する一番良い方法は、油分が付着してしまった衣類を乾燥機で乾燥させないことです。油分が付着した衣類を洗濯しても、油分は洗い落としにくい上に、油分を洗い落とせたかわかりにくいので、乾燥機を使わずに自然乾燥させるのが一番安全です。

乾燥機を使う場合の洗濯方法

どうしても油分が付着してしまった衣類を、乾燥機で乾燥させたい場合には、油分が付着した衣類を下処理してから洗濯機で洗うのをおすすめします。

油分が付着してしまった範囲が狭いときは、食器用洗剤を油分が付着してしまった部分に垂らし、歯ブラシなどで軽く叩いてから高温のお湯で洗濯しましょう。温度の高いお湯で洗濯すると油分を洗い落としやすくなります。

80℃ぐらいのお湯で洗濯するのが望ましいです。家庭用の洗濯機は高温のお湯で使用すると、部品が変形し感電・漏電の危険性があるため高温のお湯での洗濯はできません。

そのため、クリーニングに出さずに自分で洗濯する場合には、熱を通さない手袋をして手洗いしなくてはいけません。
自分で手洗いする場合は、1回ではなく2~3回、しかも入念に洗濯して油分を洗い落とした方がよいでしょう。

乾燥させた後の注意点

乾燥機で乾燥させた後は放置せずにできるだけ早く取り出して、他の洗濯物とは分けて通気性の良い状態にしましょう。他の洗濯物と一緒にしておいたり、すぐにたたんでしまったりしないでください。

酸化反応が起こっている場合、すぐにたたんでしまうと放熱しにくい状態になってしまい発火する危険性があがります。酸化反応が起こっていても通気性の良い状態で放熱させれば発火する可能性は極めて低くなります。

スポンサーリンク

まとめ

・乾燥機での発火は、油分が空気中の酸素と結合して、酸化反応を起こすことで発生する
・食用油・動物油・美容オイル・機械油・ガソリン・ベンジン・シンナー・樹脂などが付着した衣類に注意
・油分が付着してしまった衣類の乾燥には乾燥機を使わない
・乾燥機を使い乾燥させる場合は、高温のお湯で入念に洗濯し油分を洗い落とす
・乾燥機からできるだけ早く取り出し、しばらく通気性の良い状態にしておく